【講座】4/28 外国人観光客へのおもてなし お役立ち講座

市民教養講座 「かしこ暮らしっく」講座①開催

2020年のオリンピックを前に外国人観光客への接し方やおもてなしのヒントを楽しく学びませんか♪

20170428長岡京市立中央公民館

日時:4月28日(金) 午後2:00~3:30

場所:長岡京市立中央公民館 2階 講座室

講師:NPO法人JSI 花美月
代表 吉村憂希(よしむらうさぎ)さん

申込・参加費:不要

定員:当日 70名程度

詳細はチラシに掲載

お申し込み・お問い合わせは、長岡京市立中央公民館まで

【助成金】【募集】5/31〆切 2017年度ニッセイ財団 高齢社会助成

共に生きる地域コミュニティづくり

今、「人生90年時代の社会システム・地域づくり」へ向けて何よりも求められていることは、地域包括ケアシステム(地域での継続的自立生活を支える)の推進、さらには地域の全ての人々が、一人ひとりの暮らしと生きがいを、ともに創り、高め合う社会の構築です。ついては、地域包括システムの展開、そして深化につながる活動へチャレンジするための助成を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

助成内容:地域包括ケアシステムの展開、そして深化につながる4つのテーマのいずれかに該当する活動

1、認知症の人の地域での生活を支えるチャレンジ活動(本財団恒久分野)

 

2、サービス創出に向けてのチャレンジ活動(独自財源づくりを含む)

 

3、インフォーマルサービスとフォーマルサービスの連携による地域づくりに貢献するチャレンジ活動

 

4、医療・介護・福祉・保健の連携を実現するためのチャレンジ活動

助成期間:2017年10月から2年間

助成予定件数:2~3団体

募集締切:2017年5月31日(水)

募集要項、申請書、申請の手続きは当財団ホームページをご確認ください。

 

【ご参加のお願い】『世界一大きな授業2017』(文部科学省後援)4/15~5/31

『世界一大きな授業2017』質の高い教育をみんなに

現在、世界に学校に通えない子どもは6,100万人、文字の読み書きができない大人は7億8,500万人存在します。こうした事実の背景には戦争や貧困などはもちろん、さまざまな問題が隠れています。「世界一大きな授業」とは、そんな世界の現状に目を向け、教育の大切さを同じ時期に考えようという地球規模のイベントです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実施期間:2017年4月15日(土)~5月31日(水)の期間内に45分程度の授業を一回開催 

参加費:無料 

教材:ウェブサイトからお申込み(5/25〆切)後、事務局より教材ダウンロード 

お申込みはコチラ

【イベント】3/12 第3回ながおかきょう福祉まつり 主催:長岡京市社会福祉協議会 後援:長岡京市

たのしい!おいしい!がいっぱい☆

 模擬店の収益はボランティア活動・福祉団体の応援に、バザーの収益は子どもたちの育ちあいの居場所づくり(きりしま苑「みんなのポケット」)に使われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日時:3/12(日)11:00~15:00

場所:長岡京市立産業文化会館

詳細はチラシに掲載

 

【イベント】防災街コンIN長岡京 主催:長岡京市防災街コン実行委員会

集え!未来のキキカンリ系男女

災害食の代表「缶詰」を集めて缶詰パーティー?

日時:3月12日(日)13:30~17:00

場所:介護老人福祉施設「春風」地域交流スペース

対象者:男女15人 20~40歳位までの独身の方 

参加費:2000円(軽食、お土産代を含む。当日徴収) 

募集期間:第1次募集▷2/28まで 第2次募集▷3/1~10 

申込方法:メールに氏名・住所・電話番号・性別・年齢・メールアドレスを記入し、こちらへ ✉:bousaimatikon@gmail.com

【助成金】【募集】3/22~4/5必着 2017全労済地域貢献助成事業

人と人とがささえあい、安心して暮らせる未来へ

地域の人々がたすけあって自然災害に備え命を守る活動、環境を守る活動および子どもの健やかな育ちを支える活動を支援します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

助成対象活動:『防災・減災』『環境保全』『子どもの健全育成』

応募期間:3月22日(水)~4月5日(水)必着

お問い合わせ先:全労済 総務部内 地域貢献助成事業事務局(担当:千田)TEL:03-3299-0161(代) FAX:03-5351-7772 Email:90_eco@zenrosai.coop

応募要項などの詳細につきましてはこちら

 

【助成金】地域福祉を支援する「わかば基金」

地域福祉を支援する「わかば基金」 平成29年度募集要項

「わかば基金」は、地域に根ざした福祉活動を展開しているグループを支援し、あわせて、NHKの放送などでその活動を広く紹介し、より多くの方に地域福祉の意義を理解していただくことも目的としております。

わかば基金1

 

 

 

 

 

 

 

 

申請受付・締め切り:3月31日(金)必着(郵送のみ)

お申込み方法、詳細は要項に掲載  HPはこちら

【助成金】2/20~3/31「ドコモ市民活動団体助成事業」募集案内

「子どもの健全な育成を支援する活動」「経済的困難を抱える子どもを支援する活動」の2テーマで支援します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モバイルコミュニケーション・ファンドは、2002年にNTTドコモグループが幅広い分野への支援事業を通じて社会全体の利益に寄与するため設立した特定非営利活動法人です。

 当法人では、将来の担い手である子どもたちの健やかな育ちを応援する活動に取り組んでいる全国の市民活動団体への支援を推進するため、2017年度(第15回)「ドコモ市民活動団体助成事業」の募集を開始いたします。

本年度は「子どもの健全な育成を支援する活動」、「経済的困難を抱える子どもを支援する活動」を支援します。

応募受付期間:2017年2月20日(月)~3月31日(金)

「ドコモ市民活動団体助成事業」の詳細につきましては2/13(月)から、当法人のホームページでご案内いたします。http://www.mcfund.or.jp/

【サポセン事業】市民活動サポートセンターセミナー開催 活動資金調達(クラウドファンディング)他について!

活動資金でお困りではありませんか?

市民活動サポートセンターは、市民活動団体の皆様が活動する中でお困りやお悩みごとに対する相談・アドバイスを行っています。今回は全ての団体の共通課題である『活動資金の調達』について、実際の資金調達の方法として交付金や助成金を受けている団体の事例紹介や、今後増えて来るであろう資金調達方法(クラウドファンディング)についてセミナーを開催いたします。

日時:平成29年2.12(日)10:00~12:00

会場:長岡京市市民活動サポートセンター 

    (バンビオ)

参加申込:電話・FAX・メールでサポートセンターまで

       TEL 075-963-5505

参加費:無料   ※詳しくはチラシをご覧ください。

【募集】「備えあれば、憂いなし!」防災マニュアル&要援護者支援(一人ひとりの個別支援)プラン等の作成をサポート

いざというときの「自助」&「共助(互助)」あなたはできますか?

20161226090909444_0002【地域や災害にあった防災(避難)訓練マニュアルなどを作成】下記は一例

①避難訓練(地震・津波・土砂災害・風水害・火災)

②情報収集・伝達訓練

③図上訓練(地域防災マップの作成・非常持ち出し品のチェック)

④マンション内避難所・救護所の開設・運営訓練・車いすの階段移動方法など

⑤災害時要援護者避難支援計画(一人ひとりの個別支援プラン)などを防災士及び介助、応急手当、搬送に役立つ防災介助士と一緒に作り上げませんか。

上記のご提案をご希望の団体様はチラシ下側の用紙をご記入の上、FAX等でお問い合わせください。FAX:0797-55-7191