【イベント】平成29年度「きこえの教室」

聞こえにくいために日常生活の中で様々な困り事や悩みをお持ちではないでしょうか。

きこえや補聴器についての理解を深め、手話や筆談などのコミュニケーションの方法を学び合い、暮らしやすい環境づくりについて考えていきましょう。

平成29年度きこえ教室

月に一回の木曜日、午後1時30分~3時30分
(例外あり)

長岡京市役所 分庁舎3 1階 会議室1にて実施

問い合わせ先は、長岡京市役所 障がい福祉課 障がい支援係

詳しくはチラシをご覧ください。

 

【イベント】5/12~7/28 手話にチャレンジ~入門編~ 

はじめて手話を学ぶ方向けの市民教室です。

「伝えあう」ことを大切に手話で会話を楽しみませんか?

20170512手話にチャレンジ

期間:5月12日(金)~7月28日(金)
毎週金曜日(全12回)

時間:午後7時~午後9時

会場:長岡京市北開田会館

受講料:無料

申込締切日:5月2日(火)

お申し込み、問い合わせなど詳しくはチラシに掲載。

長岡京市役所のホームページもご覧ください。

【活動報告】出前講座報告書(3/29) 「男の居場所」の会

山口県岩国市の岩国市社会福祉協議会 高齢者支援ボランティアコーディネーター村上 美保さんより「男の居場所」の会の方にメールが届き、シニア男性を集めるのに苦労していて、なんとかしたいとの相談で、「男の居場所」の会の出前講座を下記の通り開催させて頂きました。
岩国市社協の講座名は、シニア男性が“大いに楽しむ”ための講座=シニアの男の生き方講座=と銘打ち40名の男性を集めて下さり、下記の内容の講座を開催致しました。 

日時:2017329日水曜日  13001600
場所:岩国市福祉会館 2F 小ホール
主催:岩国市社会福祉協議会

男の居場所出前講座報告男の居場所出前講座報告2

 

 

 

 

 

 

 

 

第一部/講演   13051400

「男の居場所」の会を通して、見える「セカンドライフに於けるシニア男性の生き方」

:自己紹介                      

:「男の居場所」の会の設立のきっかけ

:男の井戸端会議の中ら見えてくるもの

:活動分析に基づく第二の人生に於けるシニア男性の問  題点

:「男の居場所」の会の14年間継続している原因

:「男の居場所」の会のボランティア事業

=「男の居場所」の会のNHK録画(2011/1/5 NHKゆうどきネットワーク)上映=

以上の項目を中心に講演を行い、我々の「男の居場所」の会の現状についての理解をして貰い、質疑応答を受けました。男性も井戸端会議の必要性を感じて頂きました。

=休憩=   14001415

二部/テーマトーク(14151600

 聞いて! はなして! 楽しさ実感! テーマトーク(「男の居場所」の会の定例会体験)

男の居場所出前講座報告3男の居場所出前講座報告4

 

 

 

 

 

 

「男の居場所」の会の定例会と全く同じトークを下記の2テーマで実践して頂き、お喋りをするとスッキリする体験を味わって貰いました。
一人三分間程度で、自分の考えを皆様へお話し下さい。
お話しについての質疑応答は一切しません。
テーマ①:第二の人生に於ける有意義な「お金」の使い方についてお話し下さい。
テーマ②:今のあなたは大志を抱いていますか。夢を持っていますか。あるいは、すでに人生を達観して、もっぱら趣味など日々の生活を楽しんでいますか。 

上記の内容の出前講座でしたが、聴講生の皆様は、自分たちもこのような会を作りたい雰囲気を持って終了する事が出来ました。

岩国市社会福祉協議会  村上 美保さんからの翌日のメールです。

男の居場所出前講座報告5”お世話になります
さて、昨日「シニアの男の生き方講座」において、出席者に大変わかりやすい ご講義、助言を頂戴いたしまして誠にありがとうございました。特に「男の居場所の会」の事例はとてもわかりやすく参考 になったと出席の方々から感謝の意を頂戴し、おかげさまで大好評の 会合として終わらせることができました。
 ※40名の出席者の内、16名の方が、「男の集い」を開きたいとアンケートに回答されました。
ご多用中、お引受け頂きましたことに深く感謝致しますとともに、今後も変わらぬご教示を賜りたくお願い申し上げます。
 まずは、略儀ながらメールを以て御礼申し上げます。”


おこがましい事ですが、「男の居場所」の会の培ったノウハウは、非常に貴重な事と思いました。
今まで、「男の居場所」の会向日・四日市の「男の囲炉裏端」の会・宇治市の会等々同じようなノハウで運営されている会はありますが、もっともっと我々は、このノウハウを日本中に広める事も「男の居場所」の会の大切な事業だと考えています。 

以上ご報告とさせて頂きます。(「男の居場所」の会 相談役:岸本 裕次) 

201745日作成